チビ母の独り言

カテゴリ:チビワンと散歩( 8 )

ブラシの木

チビワンと散歩していたら、季節はずれの「ブラシの木」が咲いているのを見ました。
チビ母が由左さんのサイトで初めて見て「はたきの木」と言い間違えて笑いを取った木です。(笑)
b0016539_5354156.jpg

オーストラリア・ニュージーランドあたりが原産地だそうです。
先日英会話教室でニュージーランド人の先生が、
「ニュージーランドではクリスマスが夏でしょう。その時期に赤いブラシのような花が咲く木があって、クリスマスツリーと呼ばれてるんだよ。」
と言ったので、てっきりこの木だと思ったチビ母、
「それ、日本にもありますよ。」と言ったのだけど、それはまた別の木だった。
その木はこれ、ポフツカワ。似てますよね。
b0016539_5393657.jpg

なんだか両方とも南半球らしい花だなあ。
by gandalfnodeshi | 2006-10-22 05:41 | チビワンと散歩

しゃがの花

b0016539_22565226.jpgこの花を初めて見たのは越生の黒山三滝に至る道。木がうっそうと生えている山の斜面に群生していたのを見たのだ。
昼なお薄暗い山の斜面で薄青のこの花がぼーっと浮かんでいるようで、幽玄な印象の花だった。
同じく越生の慈光寺にも多く群生しているらしいのだが、京都の鞍馬山から貴船寺社に至る山道にも群生しているらしい。
う~ん、雰囲気が合うなあ。

その薄暗い山肌にあるはずのこの花を、チビワンとの散歩道で見つけてしまった。
b0016539_2335197.jpg
やはり日の当たらない木陰ではあったけれども、毎日通るような小道の端に咲いていた。
・・・・今までなんで気が付かなかったんだろう?なんだか不思議な印象の花だなあ。



アップで撮ってみたこの花はやはりちょっと不思議でとってもきれいだった。
b0016539_237325.jpg

by gandalfnodeshi | 2006-05-02 23:07 | チビワンと散歩

チビワン

この頃チビワンの様子がおかしい。
ぜえぜえと呼吸が荒くて早いし、散歩にも行きたがらない。
もう年だし、心配なので獣医さんに往診してもらったら、心臓が弱っているとの事。

注射してもらい、お薬をもらった。
太りすぎだからおやつはやらないこと。
心臓病用の缶詰と固形の餌をやること、などの注意を受けた。

チビワンも分かっているのか、散歩にも行きたがらないし、
病犬用の餌もいやがらずに食べている。

何日かして少しやせてきたかなあ、と思っていたら、
やっぱり本人も楽になってきたらしく、散歩に行きたがる。

ま、元気になってよかった。
チビワン、君ももう年だから無理せずゆったりとすごそうね。
b0016539_2227125.jpg

by gandalfnodeshi | 2005-07-05 22:28 | チビワンと散歩

ロウバイ

家の近くに黄色い梅、ロウバイの小さな木が何本か植えられていて、今が盛りです。
b0016539_2402424.jpg

凍てつきし 大気の中に 
香り立つ
ロウバイの慰み ありがたきかな






※ロウバイ(蝋梅)
 中国原産のロウバイ科の落葉低木。江戸時代始めに渡来し、庭木や切花、ときに盆栽などとして鑑賞される。高さ2~4m。葉は卵状楕円形で先が尖り、対生する。早春、新葉の、前に前年枝に芳香のある花が下向きに開く。花被は多数、内側の小型のものは紅紫色、周辺の大型のものは黄色で蝋引きしたようは光沢がある。花の中心部まで黄色のものをソシンロウバイ(細心蝋梅)という。繁殖は実生、接ぎ木による。(マイペティアより)

あまり花のないこの時期、他の梅が咲き出すまで楽しませてくれます。

思えば去年のこの時期、チビ母と母の誕生日に料亭にお祝いに行ったときに、そこのお手洗いにこの花が活けてあっていい香りがしていました。
その時には伯母もまだ歩けて一緒に料理を楽しんだのよね・・・・・。

今度伯母のところに一枝もらって行こうかしら。
by gandalfnodeshi | 2005-02-10 03:11 | チビワンと散歩

立春大吉

早朝の 日の出の光 力増す 
暦確かに 今日は立春
b0016539_856361.jpg

早朝にチビワンの散歩に出かけたら、朝日の光がいつもより強く感じられました。
一緒に散歩していた妹が
「なんだか、光の力が強いね。」
と言います。
「光力かあ・・・・。あ!そうえいば、今日は・・。」
立春です。
b0016539_905990.jpg

昔の人はよく観察していたんですねえ。
寒い中にも、もう春の兆しが感じられるんですから。

日の出も早くなり、早朝の散歩もだいぶ楽になってきました。
と言っても、寒い方が好きなチビワンは今でも十分なようなのですが・・・。
b0016539_951211.jpg

チビワンは今日も元気です。
伯母の話だと、今年17歳になるはずなんですが・・・。
by gandalfnodeshi | 2005-02-08 09:06 | チビワンと散歩

秋の散歩

11月に入って秋も本格的になりました。
寒さも本格的になってきて、シャカシャカパンツにフード付コート、手袋の出番も有りの季節です。チビ母は血圧が高いので、フードか帽子は必須アイテムです。

でも早朝に虫の声を聞きました。いつまで生きられるのだろう。
もうすぐ彼らにとっては死の・・・・。いや、違いますね。卵の季節になります。
毎年いつまで彼らの声が聞けるのか。自然の一つの資料になりえるかもしれません。

チビワンは寒いほうが元気です。
雨であってもうれしそうに歩きます。

秋の風景の写真を何枚か撮りました。b0016539_19234395.jpg

これはつわぶき。近所に植木屋さんがあって、木の他にハーブなどを植えていたのですが、この頃の寒さでほとんどを切ってしまった中でこのつわぶきの花だけ残っていました。初冬に咲く花なんですね。知りませんでした。





b0016539_1929784.jpg
この花はなんでしょう?近くの農家のお宅の畑の隅に咲いていました。セージの仲間かと思うのですが。紫がきれいです。






b0016539_19353287.jpg
さざんかの花ももう咲く準備を始めています。








b0016539_19425262.jpg
これは南天の実。







b0016539_19434675.jpg
これはピラカンサだと思うんだけれど。当ってる?
秋の色は赤が多いですね。






そして近くの団地にある「彩の国」の木、ケヤキの紅葉。
b0016539_19542844.jpg

秋を満喫して散歩から戻ります。
秋の空気も気持ちいいです。
by gandalfnodeshi | 2004-11-04 19:27 | チビワンと散歩

へくそかずら

b0016539_2352077.jpgチビワンとの散歩の途中にかわいいつる性の花が咲いていたので名前を調べてみると「へくそかずら」。なんてかわいそうな名前、こんなに可愛いのに。へくそってへ(屁)・くそ(糞)って書くんですよ。くきなどを傷つけるとくさい匂いがするのでこの名前なんだそうです。でも早乙女草という別名もあるってことで、ほっ。

夏の花ももうすぐ終わりなのでしょうが、猛暑が去って、今まさに最後の盛りとばかりに元気です。
by gandalfnodeshi | 2004-09-15 23:04 | チビワンと散歩

雨の日の散歩

 自他共に認める三日坊主の帝王のチビ母にとって、チビワンとの朝の散歩がずーっと続いていることは、驚異的なことです。(笑) 
 やっぱり自分のため、というよりは他のための方が動きやすいのでしょうかね。旅行で不在の時意外は、雨の日も風の日も続いています。

 でも、雨の日に外を歩くって、それ自体を目的にすると案外気持ちのいいものなんですね。
 この散歩を始めてから気がつきました。

 それも、できれば傘をささないほうがいい。
 ただ、「雨に歌えば」みたいに濡れっぱなしだと、「何やってんだ、あのおばさん。」とご近所の評判になってしまいますから(笑)、むかーし、山に登るときに使ったポンチョやカッパなどを着て。

 そうやって歩くと雨がやさしいです。雨に洗われたご近所の風景もとってもきれいに感じられます。気持ちも和らぎます。雨の日の散歩って悪くないです。晴れの日に気づかなかった風景もぱっと目を引くようです。

 これから散歩にデジカメを持っていこう。雨の日、晴れの日、それぞれの自然のきれいさを記録に撮りたくなりました。

 ここに載せた写真はチビ母の玄関先のレンガ。妹の提案でハウステンボスをまねてレンガを敷きました。ここも雨の日はレンガが雨に洗われてきれいです。b0016539_13505178.jpg
 
by gandalfnodeshi | 2004-09-05 13:49 | チビワンと散歩



チビ母の日々の思いを気ままに書いています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30