チビ母の独り言

カテゴリ:指輪物語( 5 )

ランサムの世界展 ナルニア国にて

うさぎしちゅうさんのお知らせを受けて、銀座は教文館ナルニア国で催されていた「ランサムの世界展」に行ってきました。
といってもランサムはまだ1冊しか読んでいない初心者のチビ母、ちょっとは予習をしていこうと思っていたのに、目を傷めてしまって何の準備もできずでどうしようかと思っていたの。
でもうさぎしちゅうさんにお会いしたかったのでがんばって行ってきました。

世界展では小船や写真などランサムワールドが展開されていて、とても興味深いものでした。
そしてもちもん本も売っていて、チビ母も買って帰ろうかと思ったのだけれども、大きい本しかおいていない。重たいなあ、と二の足を踏んでしまった。(^^;

お隣の部屋でファンクラブの方々がお茶会を開いているというのでうさぎしちゅうさん、いるかなあ、と思って寄ってみると、うさぎしちゅうさんだけでなく、leiraniさんとヨーレスのおばばさんがいらして、チビ母、ちょっとパニックっていました。(笑)
目が痛くって、満足に気が回らなかったチビ母、かなりトンチンカンな応対をしたみたい。(汗)
とりあえず差し入れのコインチョコをお渡しし、おいしいお菓子をいただき、もっとゆっくりしかかったのだけども、
「目が~。」 状態で早く目をつむりたかったチビ母、早々に失礼をさせていただきました。
いごこちのいい場所でもっとゆっくりしかかったんだけどね。残念。
お菓子は聖堂の型の焼き菓子と種入りケーキをいただきました。
聖堂のケーキはホロホロとしていて、種入りケーキはしっとりしっかりしていて、とってもおいしかったです。(^^)
b0016539_723573.jpg

そしてこれ! 子羊パンです~。かわいい! パン屋さんで特別に作ってもらったそうなんだけど、切るの、勇気がいるだろうなあ。
b0016539_735883.jpg


今回の世界展でランサムをまたチャレンジするはずみができました。
残念ながら目の調子がよくなってからだけど。(^^;
うさぎしちゅうさん、招待してくれてありがとう。楽しかったよ。
leiraniさんヨーレスのおばばさん、お会いできてうれしかったよ。(^^)
by gandalfnodeshi | 2007-06-19 07:08 | 指輪物語

ダヴィンチ・コード

今、めざましテレビで映画「ダヴィンチ・コード」のカンヌ映画祭入りがニュースで流れていました。
特別仕様のユーロスターで、ノンストップで来たみたいですね。
出演者もその列車で来たみたいだけれども、
おおおお、ガンダルフことサー・イアン・マッケランがアナウンスしてるぞ~。

チビ母、この映画をとっても楽しみにしている。
さほど宗教的な生活を送っていず、女性であるチビ母にとって、この映画の原作はとっても素敵な物語だった。
そして、ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)が大好きで、魔法使いガンダルフを師匠と仰ぐ魔法使いの弟子であるチビ母にとっては、ガンダルフを演じたサー・イアン・マッケランの出演するこの映画を見逃すことはできないのだ~。(^^)

20日が初日だけど、仕事だなあ。でも早く見たいから、仕事帰りにでも寄るかなあ。
楽しみ楽しみ♪
by gandalfnodeshi | 2006-05-17 07:00 | 指輪物語

エルフ

先日、出勤途中の車中で思わず写真を撮ってしまいました。
b0016539_552389.jpg

なーんでかっていうと・・・。
b0016539_5584665.jpg

前を走るトラックの後ろ扉にこんなステッカーが貼ってあったから。
ちょっとぼやけてますが、クリーンなエルフって書いてあります。

そりゃクリーンでしょう。なんたって、エルフです。(笑)
by gandalfnodeshi | 2005-02-16 06:00 | 指輪物語

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還のSEE

映画「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」のSEE(スペシャル・エクステッド・エディション)のDVDが届きました。

チビ母は1作目からおまけがついてるギフトセットを購入していたので、これもそれにしました。

今回はミナス・ティリスのお城付です。
こんなのです。
物入れになってるみたい。

b0016539_655229.jpg

b0016539_6563074.jpg

b0016539_6572414.jpg
b0016539_6582425.jpg


細部を見たい方は、moreをポチっとしてください。
なかなか良くできています。

More
by gandalfnodeshi | 2005-02-04 06:59 | 指輪物語

LOTR的生活

 昨年から同居を始めた伯母が大きな犬を1匹連れて来ました。柴犬だと思ってもらったら、雑種だったという犬です。 成長したら柴犬の倍の大きさになりました。(笑)

 この犬のお陰でチビ母の朝の仕事に「犬の散歩」が加わりました。お陰で5時起きです。(いえ、たまには寝坊もしますけど。)
 
 眠い目をこすり、あくびをしながらの朝の散歩ですが、これが中々いいのです。
 やっぱり自然を感じるのは歩くのが一番ですね。

 寒い冬の散歩は完全防寒の格好で、まだ夜の開け切れぬ星空の下の散歩でした。冷たい空気の中で白い息を吐きながら見上げる星空は、冴え冴えとしてとてもきれいなものでした。
 新年の初日の出は散歩の途中の田んぼの真ん中で、文字通り拝みました。

 春が近づくと、夜の帳と朝焼けを同時に味わうことが出来ました。白々と開ける東からの明るさが、星空を消していく様はなんとも神秘的で、毎日これが起きているということが不思議でした。

 LOTR(ロード・オブ・ザ・リング)のフロドやビルボも旅の空の下、こんな朝を迎えたのでしょうか。

 春爛漫になると、近くにある団地を流れる川沿いに植えられている桜並木が見事で、淡い桜色に染まる道を行くことに喜びを感じました。 そんな桜の木のそばにある蜘蛛の巣に桜の花びらが一枚、引っかかっているのを見ました。その光景はフロドを思い出させ、しばらく目が離せませんでした。

 散歩が終わり、
 「さあ、戻ってきただよ。」
とサムになったチビ母が家のドアを空けると、チビック君が玄関先にちょこんと座っていることがあります。
 「次はボクの番だよ。」
と言わんばかりに。
 「やれやれ、あまり時間がないのよ。」
と言いながら、チビック君を肩に抱き、近くの神社を一巡りします。
 今度はサムが担いだフロドの重さが如何ほどのものだったのだろうか、とふと思ったりもします。
 小説では不思議と軽く感じたと言うフロドの重さも映画ではしっかりと重さを感じていそうなサムだったなあ、などと思いながら。

 LOTRの映画を見てからのチビ母の生活は実にLOTR的で、まだまだこれから抜けることが出来ません。いや、抜けたくないのです。
 だからチビ母はこのサイトを作りました。ずっとずっとLOTRに係わっていたかったのです。
 
 さあ、まだ手をつけていない「指輪物語」のコンテンツもボチボチ手をつけましょう。
 思いが深くて、今だ完全には手をつけられていないだけれども。

 もしかしたらずーっと、仕上げたくないのかもしれません。

b0016539_20561915.jpg
by gandalfnodeshi | 2004-08-29 20:55 | 指輪物語



チビ母の日々の思いを気ままに書いています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31