チビ母の独り言

カテゴリ:グルメ( 21 )

バジル

同じ職場の調理師さんからバジルをいっぱいいただいた。
仕事の傍ら何百坪もの畑をやっている人で、バジルもいっぱい植わっている。
畑のバジルはとってもきれいな緑でこうやって飾ってもきれい。(^^)
b0016539_1851679.jpg

その日の夕食はこのバジルを使ってパスタにした。
バジルとドライトマトのパスタ。
b0016539_18515862.jpg

・・・・・・・もうすこしバジルを多くしてもよかったかな?(笑) でもなかなかおいしかったぞ♪
by gandalfnodeshi | 2006-11-19 18:53 | グルメ

みたらし牡丹だんご

5月30日の食事日記でアップした「ぼたん餅」。
チビ母、間違った情報を載せてしまいました。

この和菓子は東松山市にある和菓子屋さん、「富久屋」さんの「みたらし牡丹だんご」という
みたらしだんごでありました。

NHKで紹介されたこともあったそうで。
チビ母、長らく東松山の職場に勤めてるんだけど、ちっとも知らなかった。
失礼しました。(^^;

訂正しておきます~。
by gandalfnodeshi | 2006-06-07 08:05 | グルメ

ターキッシュ・ディライト

b0016539_22202245.jpg

ナルニア国物語で反抗期の次男坊が白い魔女にもらってもしゃもしゃと食べていたお菓子。
なんだか白い粉がいっぱいついてて、チビ母は粉砂糖のいっぱいついたクッキーか何かかと思ってたんですが、後で原作を読んでみるとそのお菓子のことは「プリン」と書かれていた。
・・・・・・・。とてもプリンには見えなかったなあ。
でもそれ以上の調べるすべもなく、そのままにしておいたんですが、「栄養と料理」という雑誌のコラムにこのお菓子の事が書かれていた。

「ターキッシュ・ディライト」
元々はトルコの代表的なお菓子「ロクム」なんですね。
トルコ人がコーヒーと一緒に食べていたお菓子。それをヨーロッパ人が国に持ち帰り、広まった。そしてターキッシュ・ディライト(トルコの喜び)と呼ばれたんだそうですよ。
b0016539_22325594.jpg

果汁やバラ水をコーンスターチで固めたお菓子。
バラ水・・・・!なんだかロマンチックですねえ。
ネットで手に入らないかと検索していたら、ありましたよ。
便利な世の中ですねえ。
さっそく取り寄せて、職場に持って行ってみんなで試食しました。

「・・・・・何?この香り。すごいね。味はあんまり・・・・。」
「あ、それバラ水のですよ。こっちは果汁みたいです。」
「・・・・果汁の方が美味しいわね。」
「ゼリー菓子みたいなものですかね。」
「と言うよりは・・・ボンタンアメ?」
「あ、それ言えてる。」

と言うことでわが病院の栄養科では、ターキッシュ・ディライトは西洋ボンタンアメだと言うことになりました。(^^)

それにしてもバラの香りって強いですね。
粉砂糖に香りが移っていて、全部のターキッシュ・ディライトがバラの香りでした。
by gandalfnodeshi | 2006-05-21 22:46 | グルメ

美濃吉

母の日にまたまた美濃吉に行きました。
b0016539_21402820.jpg

今回は伏見御膳。
チビ母と母のチビ婆ばは和食には好き嫌いがないのだけど、妹のチビタカはともかく魚がダメ。
「どうする?」って聞いたら、
「チャレンジする。」っていうんで、(笑)
チビタカも同じメニューにしました。
まずは、
b0016539_21434831.jpg
前菜

きれいだなあ、と見とれて、ひとつひとつ味わいます。










b0016539_22384137.jpgお造りはアジがしこしこ、鯛がプリプリ、ゆばがねっとりです。
そして鱧。もう献立は夏ですね。
湯葉にのっているのは何だろうと聞くと、水前寺のりという淡水にある海苔だそうです。
とっても珍しいのだそうです。

b0016539_22524359.jpg
伊勢海老の揚げ物とはぜいたくです。
ほたてもおいしいです。











b0016539_2255460.jpg
大きなお鉢に入った鯛骨蒸しというよりは鯛のかぶと蒸し。
身がたっぷりとついているかぶとです。
魚好きな亡き父が食べたら、猫のようにきれいに食べたろうなあ。




b0016539_230360.jpg
最後のお食事は冷やしちゃそばか、うな重かが選べました。
カロリーのことを考えると茶そばを選ぶのがいいのだけど、ここのうなぎもおいしのよ。
(^^;





b0016539_2324840.jpg
あとは別ばらの果物と、














b0016539_2341934.jpgおいしい和菓子とお抹茶で締めくくり。
チビ婆ば、満足した?
「もちろん!」
よかった。
チビタカは?
「本当においしいお刺身は食べられるわ。」
ぜいたくなヤツだ。まったく。(^^)
by gandalfnodeshi | 2006-05-19 23:08 | グルメ

小豆島の佃煮

b0016539_23324134.jpg

いい照りしてますでしょう?
チビ母の故郷、小豆島の佃煮屋さん、「京宝亭」の角切昆布の佃煮です。
京宝亭では袋に入った昆布の佃煮も売っているのだけど、このプラスチックの容器に入ったのは特別。
小豆島の「二十四の瞳」の映画村でのみ作って売っているのです。保存料無しでこの容器に入れて売っているで、前は通販では売っていず、その映画村まで行ってわざわざ買っていたのだ。
でもこの前、おみやげにその佃煮をあげた方から取り寄せたい、と言われ、これは通販をやってないはず、と一応サイトを見てみたら・・・・。
売っていました。(^^)
うれしくて、その方と我が家の分を取り寄せました。

「以前お買い上げいただいたのでしたら、ご存知だと思いますが、この商品は日持ちしません。お気をつけください。」

とのお店の方の言葉。
本当に照りが良くて、やわらかくて、しょっぱすぎないで、ごはんにとっても合います。
合すぎてごはんがもっと欲しくなるのが欠点ですが。(^^;
by gandalfnodeshi | 2006-05-18 23:54 | グルメ

イタリアングリル 円座

群馬へのドライブ。
朝7:15に自宅を出て、高坂サービスエリアで朝食をすませ、「みさと芝桜公園」「群馬フラワーパーク」と回って、ちょうどお昼時になりました。

今日のお昼ごはんはここ! と決めていました。
イタリアングリル 円座
なんで群馬でイタリアン?ってな話なんですが、この円座のお店が面白いんです。
群馬が本店のチェーン店なんですけどね。チビ母の住むところの隣の市に最近できたんですが、ちょっとしゃれた創作料理っぽいのもある居酒屋さん。作りもサービスも料理もいいなあ、って思っていたら、群馬にそのイタリアンレストランがあるって知ったの。
だから、その「イタリアングリル 円座」も試してみたかったのです。
b0016539_161592.jpg


通されたのが、こういう古民家風な個室。










b0016539_16174411.jpg


妹のチビタカのチャイナ服が妙にマッチしています。(^^)









b0016539_16223578.jpg


チビタカはピッツアセット。チビ母と母のチビ婆ばは円座コースを取ってみました。
ピッツアはとってもモチモチしてました。




b0016539_1626383.jpg


コースの方はまず出てきたのがお豆腐とサラダ。お豆腐には抹茶塩がかかっていて、まろやかです。






b0016539_16281692.jpg


アンティパスト2品。食器が面白い。え~っと、きのこのマリネと・・・・。右のが素材がわからない。美味しかったんだけど。(^^;




b0016539_16343456.jpg鯛と鮪のカルパッチョ。オリーブオイルの風味がいいのと、スパイスがね。こしょうとバジルと唐辛子がついていて、楽しいです。

b0016539_16393542.jpg
メインです。スズキのソテーと焼きリゾットのスープかけ。スズキにはバルサミコ酢が敷いてあって、ちょっぴり甘口。
焼きリゾットは面白いですねえ。サフランで炊いた焼きおにぎりにスープがかけてあるんですよ。リゾットと言うよりは焼きおにぎりのお茶漬け風。普通のリゾットのように油っぽくなくって、さっぱり味でした。おもしろおいしいです。

b0016539_16561190.jpgスパゲティです。これは本日のスパゲティが決まっていて、選べませんでした。ツナ入りのトマトソースのスパゲティです。トマトソースが酸っぱすぎなくって、ツナの風味が強すぎなくって、ツナが苦手のチビ婆ばも食べられました。

b0016539_1713238.jpg

デザートです。ティラミスと豆乳のブラマンジェの黄な粉かけとマンゴーのソルべ。これもお皿が面白い。 










和風アレンジの面白い、お店でした。
それから、この円座のスタッフの方々のサービスがとってもスマートなの。
そこも気に入っているチビ母です。

お昼と食べて高速が空いているうちに帰ります。帰宅は3:30。
朝早く出ると、渋滞にも会わずに楽にすみますね。
チビ母の好きな行程のドライブです。
きれいな花とおいしい料理を楽しみました。
by gandalfnodeshi | 2006-05-07 17:12 | グルメ

スパゲティ オステーリア マーゴ

「スパゲティ オステーリア マーゴ」
作り主のお顔が近いイタリアンレストランです。
オーナーシェフと奥様のお二人でやっていらっしゃるこじんまりしたお店。
ビルの2階あるので、最初は入りにくかった。
でも食通のサイト主「モスリン」さんが「ここらへんではピカイチのイタリアンレストラン」
と仰っていたので、思い切って行ってみると、うん、やはりおいしかったです。
そしてオーナー夫妻も気持ちいいお二人で。

先日はランチセットをいただきました。
ランチセットもついているものでいろいろと種類があって、ついている種類の少ないセットを取った妹のチビタカにはスパゲティの量をフルセットを取ったチビ母より大目にしてくれていました。
麺の量も大目、少なめ、と注文できるという真に行き届いたサービス。
こういう細かいサービスは気を使うでしょうにね。うれしいです♪
b0016539_8191164.jpg
今日のオードブルは枝豆にオリーブ油をかけたものと生ハム、そしてガーリックトースト。







b0016539_8214393.jpg
そしてコーンスープ











b0016539_82375.jpg

サラダ











b0016539_8234493.jpg
メインのブロッコリーと海老のクリームスパ。










b0016539_8243345.jpg
そして最後に選べるデザート、チョコレートケーキ。
・・・・おいしくてボリュームありすぎ。(^^)








そしてこのマーゴはかおるさんが紹介してくださったお店、「まほうつかいのでし」の姉妹店。ご主人がここ出身なのね。
実はチビ母のもうひとつのハンドルネームが「魔法使いの弟子」というのだ。(^^)
だからとっても親近感。

マーゴの紹介サイトはこちら。マーゴ自身のサイトもあるのだけれども、こちらもくわしいので。(^^)
by gandalfnodeshi | 2006-02-23 08:31 | グルメ

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

b0016539_6452516.jpgこの頃このお豆腐にはまっています。
最初はネーミングに受けまして。
「わははは~、何なんだ、この名前は~。」
ってしゃれで買ってみたら、おいしい・・・!

まろやかでこくがあって・・・・。
チビ母はこれに岩塩をかけていただいています。
甘さがさらに引き出されてとってもおいしい♪

チビ母が見つけたのはスーパーでなんだけど、
先日コンビニで見つけてびっくり。
テレビに出たらしいです。

サイトがあるようなので、そこを除いて見ると・・・。
ふふふ、そこもユニークだ~。
by gandalfnodeshi | 2006-02-23 06:51 | グルメ

チビ婆ばの誕生日 ボーセジュール

先日、母のチビ婆ばの誕生日祝いにフランス料理を食べに行きました。
これというのも偏食家の妹のチビタカがさだまさしさんのおっかけで大阪に行っていたおかげ。
偏食家のチビタカがいると、フランス料理はむつかしいのだ。
たとえそのレストランがサービス満点で、
「お嫌いなものがあればメニューをお取替えいたしますよ。」
とスタッフの方が親切に言ってくださっても、
「あ、じゃあ魚介類はエビだけしか食べられないの。肉はひき肉だけ。野菜は大丈夫だけど、しいたけとゆずは抜いてね。」
なんてずうずうしいことは言いにくいのだよ。ねえ、チビタカ。(笑)

今回、チビ婆ばにご馳走したフランス料理の店は、先のサービスをしっかりやってくださるところ。
嫌いな食品、また、アレルギーのある方はそのアレルゲンのある食品を言えば取り替えてくださいます。これは助かりますね。
え~と、お店の名前は「ボーセジュール」。西武線の本川越駅にあるプリンスホテルの最上階にあるお店です。夜には天井のカーテンが開いてガラス張りになり、星空が見えるっていう売り物もあります。
そしてチビ母がいいなあ、と思っているのはお料理がおいしのはさることながら、スタッフの方がとってもフレンドリーだということ。むろん礼儀をわきまえてのフレンドリーさ。
チビ母はこういうスタッフの方々とのふれあいが好きなのです。

今日いただくのはこの時期限定のバレンタインディナー。
彼氏と一緒でないのは残念ですが(笑)、お世話になったかたにという意味ではいいかも。
まずは軽い前菜。「才巻海老の軽やかなフリットと小エビのシャルロットキャビア添え」・・・写真を撮りそこなった。(汗)
温かい前菜とつめたい前菜が一度に味わえます。
b0016539_5494686.jpg

次がスープ。「マリニー風グリンピースのクリームスープ」トロリとしたスープとプチプチとグリンピースの粒が面白い調和を持っています。
b0016539_5501568.jpg

そして魚。今日は「本日おすすめ鮮魚のソテー野菜とコンソメのエッセンスソース」コンソメの風味がいいです~。
b0016539_5504365.jpg

そして肉は「牛フィレ肉のポワレ セーブ茸の香り 赤ワインソース」
こくのある赤ワインのソースにきのこの香りが漂います。チビ母、パンでソースも全部いただいちゃいました。
b0016539_5511136.jpg

そしてデザート「ベルギー産チョコレートのムース ハート仕立て“聖なる愛”」・・・
んま~い。(^^)
料理が程よい量だったので、これが一番ボリュームがあるかなあ、と思って楽しんでいたら、
「こちら、誕生日サービスでございます。」
b0016539_5513959.jpg

むむむ、チビ婆ばが誕生日だっていうので、小さなナッツのケーキにろうそくを灯して持ってきてくださったのです。
特別なことは何も頼んでなかったのに・・・・。
うれしいなあ。ありがとうございます。チビ婆ばも大感激でした。
あと写真も撮ってくださってね。すぐにプリントアウトしてくださいました。
素敵なサービスを仕切っていただいたかたの名詞にはマネージャー兼シニアソムリエとありました。
う~ん、チビ母、今まであまり飲めないこともあって、ワインをボトルで取ったことがないのですが、一度ソムリエさんのお勧めのワインを取ってみたいものです。
偏食家でお酒に強い妹を加えて、挑戦してみるかな。
今度来るときの楽しみです。
by gandalfnodeshi | 2006-02-09 05:53 | グルメ

美濃吉にて忘年会

昨日は学生時代の友人たちとの忘年会だった。
東京から1人。群馬から1人。埼玉から2人。
なもんで場所は真ん中の埼玉の大宮駅になった。
どのお店にするか、みんな大宮についてはくわしくなかったので、
チビ母のお勧めでお気に入りの「美濃吉」での昼食になった。

11:30に大宮駅で待ち合わせをしてね。
1人が12・30からの参加になるのでそろうまでスタバでプレおしゃべり。
そして4人がそろってそごうのレストラン街にある京料理「美濃吉」に向います。
う~、風が冷たい。

メニューは昼のお手軽懐石「宴」
まずは先付
b0016539_5485813.jpgいくらのおろし和え、
衣かつぎ、
干し柿で柿をはさんだ柿寿司



b0016539_5492179.jpg
青菜の和え物





京の白味噌椀
・・・・・・写真を撮るのを忘れてがっついてしまいました。
チビ母、甘い西京味噌が大好きなのです。(^^;

主菜は揚げ物とアマダイの信州蒸しと選べたので、チビ母は揚げ物の方を選びました。
b0016539_5595699.jpg
蟹と海老の揚げ物




b0016539_611218.jpg
聖護院大根のはりはり漬




b0016539_613792.jpg
かやく御飯
京漬物
赤出汁


b0016539_624348.jpg
甘みのくずきり





おしゃべりをしながら、京料理を楽しみました。
でもまだまだ時間が足りなかったので、場所を変えて甘味屋さんでまたおしゃべり。
5時間ぐらい一緒にいたのではないかな。

友人達、みんながんばってました。
元気をいただきました。
ず~っとお付き合いをいただけたらうれしいな。
また会おうね。
by gandalfnodeshi | 2005-12-23 06:08 | グルメ



チビ母の日々の思いを気ままに書いています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31