チビ母の独り言

民間療法

いんげんの粉が糖の吸収を妨げるというので、ダイエットにいいとテレビに出ていたのが、1日経ったら、下痢やら何やら不都合が出て、「危ないからやめてください。」とのテレビ局からのお知らせが出ていたね。

火の通しが少なかったかな?
豆はグリンピース以外は生では毒があるってこの間の「ところさんの目がテン」でやっていたっけね。

チビ母はこの番組を見ていなかった。
でもボスが見ていたので、その次の日には職場でもこの話題が出ていた。
ボスはその日には「いいんじゃない。」と言っていたけど、次の日には
「やっぱり危ないわ。」に変わっていた。(笑)

チビ母もなかなかやせられないから、こういう話は乗りたい気持ちもある。
でもね、何かひとつでやせられたり、健康になったり・・・・。
残念ながらそういう食品は世の中にはない。

そして、チビ母の経験から絶対に言えること。
「劇的な痩せ方」はリバウンドの可能性がとっても高い。
ゆっくり、少しのがまんで長続きできる方法。
もっと言えば、期限付きのダイエットではなく、食生活の習慣を変える。
その認識がなければ、やっぱりダイエットは成功しないと思う。

正しい食生活で全部を少しずつ少なくして、体をよく動かして。
やっぱりこれがダイエットの王道だと思うよ。

糖尿病患者さんからも「こういう民間療病はどうでしょうか?」って質問をよく受ける。
チビ母はこの質問にはこう答える。
「食事療法の範囲内であったら、やってもいいですよ。冒険してみますか?でもこういう民間療病は2~3ヶ月やっても効果がなければ、やる価値がないかもしれませんよ。お薬じゃあないですから。」

「この食べ物がこれにいい」式の番組に厚生省からクレームが来たって聞いたことがあるよ。
でもその番組サイドはちゃんと調べてやっています。って答えたって。
確かにその話題のひとつひとつには何かしら研究している方もいるだろうから、全部がいけないとはチビ母も思わない。
問題はその情報を取り込む視聴者の認識・知識不足の方でもあるだろうね。

本来、食べ物は毒以外は何らかの体へのいい働きはあるわけだから。
視聴者も賢くなって、キチンと情報は取り込みたいね。
by gandalfnodeshi | 2006-05-14 10:37 | 管理栄養士
<< 掲示板、やめました。 食事日記 2006.5.12 >>



チビ母の日々の思いを気ままに書いています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30